こんにちは、急に夏のような暑さですね。

ある土曜の出来事・・・

仕事の予定もなく。こんな日は掃除!掃除!
そう思って過ごしていた日のことです。

お昼過ぎ、電話がなりました。

「かづこ先生、かづこ先生。僕、〇〇です。覚えていますか?」

「うんうん、覚えているよ。」

「僕の友達が、さっきやってて・・・
気がついたら破けてなかったけど、漏れてたみたいで困ってる。
彼女もすごく不安になってるみたい・・・
どうしよう。」

彼は小学生の時から
何度も私の性教育の授業を受けている。

確か小学校で2回
中学校で3回

町で会っても挨拶をしてくれる。

困って私に電話してきたようだ。

とりあえず、土曜日の午後でも
緊急避妊薬が手に入る病院を伝えた。

最後に
「電話してくれてありがとうまた困ったら電話してね」と伝えた。

性教育は教えるだけじゃ50%

困った時にあの人に相談しよう!

と思い出して
相談される人になって100%かな。

少しだけ、性教育をやってきて良かったと思った。

来月から
怒涛の性教育授業が始まる。
困った時に思い出される先生になろう。